OPERATIONAL PERFORMANCE花研コーヒーブレイク

フロリア―ドで日本の数々の品種が受賞

2022.05.03

こんにちは。みんなの花研ひろばです。

 

本園4月14日から10月9日まで、オランダ・アルメーレで開催されているフロリア―ド国際園芸博覧会では、会期中に合計13回品種コンテストが開催されます。

開会式に第1回が行われ、日本から出展された数々の花きが受賞しました。

 

第1回の受賞品種は以下の通り

・チューリップ「黄つるぎ」 富山県様:球根切花部門 銅賞

・アリアム「踊る丹頂」 JAくまもとアリアム専門部会様:球根切花部門 銀賞

・チューリップ「乙女のドレス」 富山県様:球根切花部門 金賞

・アスチルベ「ライトブルー」 JAながさき西海アスチルベ部会様:その他部門 銅賞

・フランネルフラワー「ファンシーマリエ」岐阜県農業施術センター様:その他部門 銀賞

・ラナンキュラス「綿帽子」 フラワースピリット様:その他部門 金賞

 

この品種コンテストは、国際的に栄誉ある賞のひとつとして世界中の園芸業界関係者から注目されています。

 

詳細はこちら

またはご参考までにAIPHの報道記事

 

記事内にリンクありますが、こちらのサイトからは全出品物と獲得ポイントも公開されています。皆様の身近な人や品種が出品されているかもしれません。

 

見ればすべて日本とオランダからの出品ではないか!やはり日本の品種はオランダと世界の双璧をなしているのですね。

 

最初の出品は日本とオランダくらいでも、回を重ねていくにつれてほかの国からも出展が増えるそうです。

これからますます楽しみですね。日本の品種も受賞するでしょうから、逐次チェックしてみたいと思います。

 

ちなみに、アルメーレ国際園芸博覧会ジャパンブースにおいて、「花がもたらす生理的リラックス効果」研究第一人者の千葉大名誉教授宮崎良文先生の研究が発表されています。

掲載されているポスターの内容はこちら

フロリア―ドにお出かけの際はぜひお立ち寄りいただければと思います。

宮崎先生は本年8月に、日本木材新聞社から「木と人のサイエンス」という書籍を出版される予定です。そこで、花研の泥油が先生にお伺いした質問と先生からのご回答がQ&A方式で掲載されることになりました!

出版が楽しみです。

 

実は掲載される質問のほかにもう一つ、宮崎先生の健康管理について伺いました。こちらは書籍用には採用されなかったので、当ブログで採用。

やはり先生も健康管理は森林浴かなと思いまして。

そしたら先生のお答えは(過激すぎてびっくりしちゃうので、ところどころ割愛)↓

「1日4合、30年飲み続けて○○●●になりましたが、リンパに移行する直前で間に合いました。●●がつまり、●●炎を起こし、40日間、点滴だけで生活し、75キロから48キロになりました。●●●を起こしたときも同じ点滴生活をしましたし、「病気自慢」では負けません。」

とのことでした。

せんせーっ!Σ(゜ロ゜;)!!

 

何卒ご自愛いただきたいと思います。

 

それではみなさま、ごきげんよう。

pagetop