NEWS & TOPICS

『農耕と園芸』2018年11月号「切り花市場情報」寄稿

『農耕と園芸』11月号P.115「切り花市場情報」コーナーに、弊所所長桐生の寄稿記事が掲載されました。

今号はリコリスとネリネについての考察です。昨今のブーケトレンドの変化に対するネリネ、リコリスの今後の可能性等について、独自の観点をご紹介しております。よろしければご覧くださいませ。

noukou201811

(2018.10.23)

NHKマイあさラジオでダリアをご紹介いたしました

10月8日(月)、NHKマイあさラジオで旬の花ダリアをご紹介いたしました。

原産地のメキシコでは、原住民たちは栄養源としてダリアの球根を食用としていたこと、ヨーロッパに渡ってから高値で取引されたことやナポレオンの皇妃ジョセフィーヌが熱烈なダリアのコレクターだったことなどのエピソードを交え、日本への渡来、並びに、切花として大ブームを巻き起こしたことなどについて、ご紹介いたしました。

 

次回マイあさラジオでの花の紹介は11月12日(月)です。

(2018.10.08)

『農耕と園芸』2018年10月号「切り花市場情報」寄稿

『農耕と園芸』10月号P.115「切り花市場情報」コーナーに、弊所所長桐生の寄稿記事が掲載されました。

今号は旬真っ盛りのダリアについての考察です。切花として人気を博したダリアの販売・マーケティングに死角なしと思われがちですが、昨今のダリアの需要の変化に言及し、課題提起と解決へのアプローチ提言をしております。よろしければご覧くださいませ。

noukou10

(2018.09.21)

NHKマイあさラジオでコスモスをご紹介いたしました

9月18日(月)放送のNHKマイあさラジオ「市場情報」コーナーで、花市場の情報を提供させていただきました。

今回のお勧めの花はコスモス。

原産地はメキシコであることや日本における主な生産地、また台風や地震などによる生産地の影響などに加え、世界的に絶滅寸前だったチョコレートコスモスを、ある日本の育種家が種の保存と開発に努め、今生花店に並ぶことなどについてご紹介させていただきました。

 

ちなみに、一重のコスモスの花弁の枚数は8枚。コスモスで花占いをしないようご注意ください。(好きで始めると嫌いで終わってしまいます。コスモスで花占いをする場合は嫌いで始めるといいかもしれません)

 

次回、マイあさラジオでの花のご紹介は10月8日(月)です。

(2018.09.18)

日本農業新聞に『フラワービジネス手帳2019』が紹介されました

9月2日付け日本農業新聞紙面にて『フラワービジネス手帳2019』が紹介されました。よろしければ紙面をご覧くださいませ。

(2018.09.03)

『農耕と園芸』2018年9月号「切り花市場情報」寄稿

『農耕と園芸』9月号P.115「切り花市場情報」コーナーに、弊所所長桐生の寄稿記事が掲載されました。

今号はケイトウについての分析と新しい需要に対するアプローチの提案をしております。よろしければご覧くださいませ。

noukou9

(2018.08.27)

新発売!『フラワービジネス手帳2019』

これまでの花研手帳とアイデアノートが一体となりバージョンアップした『フラワービジネス手帳2019』を新発売いたしました。

花業界で従事する方にとって「仕事も私事も 実りある1年になりますように」という願いを込めて作成いたしました。ぜひご利用くださいませ。1月始まりです。

詳細はこちらをご覧くださいませ。

(2018.08.25)

NHKマイあさラジオでリンドウをご紹介いたしました

8月20日(月)放送のNHKマイあさラジオ「市場情報」コーナーで、花市場の情報を提供させていただきました。

今回のお勧めの花はリンドウ。清少納言の『枕草子』でリンドウの色彩の美しさが「いとをかし」と謳われていることや、西洋やエジプトでは2000年前からリンドウの根を薬草として使われていたこと、日本の企業の支援でルワンダ共和国でもリンドウの切花生産が始まり、国の成長産業として注目されていることなど、リンドウにまつわるあれこれについてご紹介いたしました。

今の時期から流通する9月、10月に向けての晩生タイプのリンドウは、開花した品種が増えてきます。カラーバリエーションも増え、明るくて華やかな品種が増えてきますので、是非秋を彩る花としてお楽しみいただければ幸いです。

次回、マイあさラジオでの花のご紹介は9月17日です。

(2018.08.20)

『産経新聞』ドライフラワーの記事にコメントさせていただきました

8月9日付産経新聞「ナチュラルな味わい魅力 ドライフラワー」の記事にコメントさせていただきました。よろしければ産経新聞をご覧くださいませ。

産経ニュース(ネット記事)はこちら

(2018.08.09)

『農耕と園芸』2018年8月号「切り花市場情報」寄稿

『農耕と園芸』8月号P.115「切り花市場情報」コーナーに、弊所所長桐生の寄稿記事が掲載されました。

今号はユリの品種と多様性について分析と提案をしております。よろしければご覧くださいませ。

noukou8

(2018.07.24)

フラワービジネス手帳
ここほれわんわん

2018年10月 今週・来週の予定

今週 今日の花
今週 22 リキュウソウ
23

霜降

キングプロテア
24

近畿花き振興協議会「花きに関するセミナー...近畿花き振興協議会「花きに関するセミナー」(大阪)※弊所所長が登壇します

アゲラタム
25 ヒメリンゴ
26

フラワーデコレーターグランプリ2018(...フラワーデコレーターグランプリ2018(東京)池袋サンシャインシティ

ガーデンシクラメン
27 ヒペリカム
28

日比谷公園ガーデニングショー(10/20...日比谷公園ガーデニングショー(10/20-28)

ソリダスター
来週 今日の花
来週 29 オキシペタルム
30 キンモクセイ
31

ハロウィン

カボチャ
01 クレマチスシード
02

サンシャインシティ ローズガーデン開催(...サンシャインシティ ローズガーデン開催(11/2-4)

カークリコ
03

文化の日

エアプランツ
04 サガギク

企業理念

社会をカガクし、お客様と生活者のみなさまの幸せを実現します。
カガクで豊かな社会文化の創造に寄与します。

社会をカガクする大田花き花の生活研究所
  • ビジネスへの科学的なアプローチ
  • 化学反応を起こす新しい組み合わせの創造
  • 花のある楽しい生活“花楽”の提案
  • 花を学ぶ“花学”をお手伝い

当社は、国内最大の花き卸売り会社である株式会社大田花きのグループ会社です。
花き業界を中核に据えた業界初のシンクタンクとして顧客の成長と業界の活性化を支援してまいります。

2週間無料トライアル
フラワービジネス手帳
pagetop