SERVICEサービス紹介

花研手帳

花き業界唯一のシンクタンクである私ども大田花き花の生活研究所がプロデュースしたカレンダー付き
業界手帳です。

毎年、9月ころから翌年のものを販売しています。
弊社が花き業界の内外で業務に携わる人の「こんなのあったら役に立つかも」というイメージを具現化した情報ハンドブックです。
内容は業界人仕様ですが、一般の方ももちろんご利用いただけます。

業界のベテラン選手から昨日入った新人さんまで、意外と知らなかった花き流通や花に関する
情報がまとめられています。
販売の現場に従事される方が、少しでも花に関するウンチクを蓄えて花を販売しやすくなりますよう、
また生産に従事される方も、マーケットの動きを見ながら考えて生産に従事できますよう、
そしてその間に立つ流通関係の方も同じ情報を共有し、花き産業全体が一つの認識の上に立ち、
生活者の皆様に花を供給していけるようにという思いを込めて制作しています。

販売に従事される方は、年間の店舗販売計画や、企画立案、ネタ帳、社員教育などなどにも
ご利用いただけます。
生産者さんにとっては、市場流通しているものや小売の動向が見えて、生産を考える上でマストの1冊です。

680円(税込) / 1冊サイズ:縦 約190mm × 横 約105mm × 厚さ 約4.5mm

花研手帳2017について

コンテンツ

花の暦カレンダー

「365日 今日の花」付き。
毎年恒例、一般公募732句から選りすぐりのオモシロ花川柳やカルトクイズも健在です!

600人に聞きました“花を買って困ったことはナニ?”

花を買ったりもらったりしたときに困った経験がある人は4割にも上ります。 
その人たちに、どのようなことでお困りだったか、切り花・鉢物別に聞きました。
消費拡大に向けボトルネック解消のヒントになるかも!?

全国47都道府県県庁所在地別 花き支出ランキング

花の消費はどの都市が多いかご存知ですか?ご自身が深く関わる都市の消費量をチェック!

フラワーオブザイヤーOTA 歴代結果紹介

第1回受賞から最新2015年の結果まで、歴代受賞品種・生産地名を一挙にリストアップ!
最近のトレンドキーワードをご紹介しています。

切り花トレンドの変遷

切り花デザインの変化、及びそれに伴いどのような花が注目されてきたのか、切り花トレンドの変遷をまとめました。

業界略年表

社会のできごとと並べた略年表から、業界の大まかなあゆみを知ることができます。

年末までに知っておきたい「クリスマスアイテムの意味」

キャンドルから丸太まで、クリスマスに関連するアイテムが意味するところをご紹介します。
ポインセチアやヤドリギだけにとどまらないクリスマスにちなんだ植物を中心にご紹介します。

品目の月別出荷量一覧

大田花きに出荷されるすべての品目の月別出荷量を色の濃淡でわかりやすいリストにしました。
国産・輸入別&英名/学名も併載!
もう人に聞かなくてもいつ何が流通しているか、花研手帳があれば一目瞭然です。

業界最新基礎データ

最新の業界マップ!生産・輸入から卸売、小売、消費規模までの数字をひとつの業界マップにまとめは、これだけです!

ご注文方法は主に3つ

1注文書をダウンロードの上、ファックスにてご注文ください。

お支払い方法は銀行振り込みにてお願いいたします。
個人でお申し込みの方は先払い、法人様は後払いでお願いしております。

2amazon.co.jpから

お支払はクレジットカード払いのみ。

3Eコマース“BASE”から

お支払いは、クレジットカード払い、銀行振り込みに加え、Payeasy、
コンビニでのお支払いも可能です。
BASEの「かんたん決済」をご利用いただけます。

配送方法

20冊程度までは、日本郵便のゆうパケットにて送らせていただきます。
配送料は150円~。(冊数によります)
ゆうパケットはご指定の住所の郵便受けに届けられます。

それ以上の冊数の場合は、日本郵便のゆうパックにて発送いたします。

オプショナルブックカバー

「ちょっと他の人と違った表紙にしたい」、「表紙が女性的で持ち歩くのが少し恥ずかしい」という方のために、
オプショナルカバーを作成いたしました。
お気に入りの柄をクリックして、ダウンロードしてください。(ご利用方法は下の方にあります)

1.英国ブランドキャスキッドソンを思わせるかわいさ★

2.上記1の色違い。明るい雰囲気が人気です★

3.クールブラック
オススメ★★★(人気No.1です!)

4.アールヌーボーと和を掛け合わせたような雰囲気

5.持っているだけで嬉しくなってしまうかわいらしさ

使い方

  • ①印刷の際に設定を100%にして(縮小・拡大の設定せず)A4用紙にプリントアウトします。
  • ②印刷された画像をトンボに合わせてハサミでチョキチョキ切り取ってください。
     (画像は手帳サイズになっています)
  • ③ブックカバーと花研手帳の間に差し込んで、レアな花研手帳のできあがり!

花研手帳のバックナンバーについて

数に限りがございますので、ご希望の方はお早目にお問い合わせください
※2013年、2012年、2011年は完売しました。

2016年

花好き女性600人に聞きました“本当はどの花が好き?”

世代別マーケティングに使いたい20-70代のホンネ!?
好みと実際の流通量とは比例しないところが面白い! 

アジサイ・アナベル・ミナヅキ・オオデマリ・ビバーナム

いまさら人に聞けない似ている花の見分け方
何がどう違うの?人に聞かれたら一瞬焦る!なんて人がほとんど。
これらの花の違いを一覧でまとめました。
花研手帳2016を手にした瞬間から誰でも一目で区別が付くようになります!

年末までに知っておきたい「お正月飾りのいろは」

本当はどう飾る?紙垂、注連縄はどう読む?
エビやツル、松、昆布が縁起物とされるワケは?
お正月飾りにまつわる常識とトリビアをご紹介。

長寿のお祝いあれこれ

ご長寿万歳!賀寿にはどの花でお祝いしたらいい?
“60歳の還暦祝いは赤”だけじゃ務まらない!
花の業界人として知っておきたいマストな情報を掲載。

業界最新基礎データ

品目の月別出荷量一覧
<初公開>国産・輸入別に出荷量一覧を掲載。
しかも英名付き!海外からの観光客も増え、外国のお客様に対応しなくてはならないシーンも多いはず。

フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA 結果紹介

花の流行の潮目が見えた2013年、大輪ブームだった花の流行はどこに向かっているのか、
フラワー・オブ・ザ・イヤーOTAの結果から分析。

大人気コーナー 花川柳(通称ハナセン)

一般公募し、過去最高の600句の応募の中から13句を厳選し掲載しています。
「生花より 火花が売れる 暑い夏    --これもまたよし」
「ヒマワリは 宇宙と地上で活躍中    --気象予報士」
「なでしこの 新・花言葉は よくやった!  --宮のふみ」
など、毎年恒例の秀逸なハナセンが掲載されています。

2015年

大田花きに流通する全ての品目の月別出荷量一覧

季節によって荷姿を変える枝ものを特集しています。
月によって枝ものが芽吹き、紅葉、花ものなど、どのステージで出荷されるのか、わかりやすい一覧で示しています。
このようにまとめた情報は「花研手帳2015」にしかありません。

ネリネ・ダイヤモンドリリー・リコリス・ヒガンバナの見分け方

何年花業界にいても意外と難しいこれらの花の見分け方。
花研手帳はあなたの強い味方です。

緊急アンケート!600人に聞きました“なぜ花を買わないの?”

あえて、「花を買わない」男女600人に聞きました。
アンケート結果から今後のプロモーション方法が見えてくるかも?

YES/NOクイズ どの花買う?診断

あの人に贈る花は何がいい?今日は自分にどの花買おう?
と迷ったらこのYES/NOクイズで一発解決。
性格別×季節別にお勧めの花をご提案しています。

業界最新キーワード

「花き振興法」「アジャストマム」「シャンペトル」「ディスバッド」・・・中には最新でないものもありますが、
必ず押さえておきたい用語集。

2014年

花の暦カレンダー

業界最新キーワードのほか、日本文化のいろはとして“手締め”や“盆踊り”の起源などトリビアをご紹介しています。
また、旬の品目に焦点を当て、週別取引量のグラフなどを掲載しています。

花のココ何?第2弾

前回に引き続き、第2弾

いずれがアヤメかカキツバタ

ハナショウブ、ハショウブ、アヤメ、カキツバタ、アイリス・・・これらの区別つきますか?これらが一目でわかる一覧表を掲載。 

お花屋さんハプニング談

本当にあったお花屋さんハプニング談を集めました。
笑い話からヒヤヒヤものまで大集合。他人のハプニングからなにか学べることもあるかも!?

2013年

「神仏にお供えNGの花」「サカキとヒサカキの違い」「生産国・地域ランキング」「性格分析による鉢物探し」「花のココ何?」「業界基礎データ」「1世帯当たりの切り花消費金額」「日本を見直す暦一覧」「はみだし豆知識」などが掲載されています。

2012年

一般から公募した花川柳から植物関するなぞなぞまで遊び心満載のナンバーです。
「七夕の花はなぜナデシコなのか」「結婚式に好適の花&タブーの花」「お客様のライフスタイルに合った鉢物探し」「香りマニアが語る季節の芳香花」「バラとダリアの花型」「花持ちを良くするためのコツ」「都市別切り花(園芸品)購入頻度」「花き業界基礎データ」「用語集」「データ提供サイト集」「手やり表現・符牒用語」など、過去にないほど内容盛りだくさんです。

2011年

現在の形になった初代の花研手帳。発展途上感がありますが、情報量や便利さは負けていません。
他のナンバーには掲載されていない内容があり、また発行部数も少なく、希少です。

2010年

現在の花研手帳の形になる前の原点ともいうべき、カレンダー式情報手帳です。
お手持ちのスケジュール帳に挟んで使っていただくタイプの超薄型タイプです。

pagetop